渋滞緩和にETCカードは必須

毎年頭を悩まされる渋滞はETCカードの普及が関係している

2018年6月26日
から rankup
車代金の支払いは? はコメントを受け付けていません。

車代金の支払いは?

生活をする際に必要不可欠な存在となるのが、車です。車があれば遠くに出掛ける事もできるので、充実した日常生活を営む事が可能となっています。
車は高額な値段ですが、クレジットカードで買うことという事はできるのでしょうか。
結論から言いますと、全額をクレジットカードで支払うというのは難しいですが、一部の支払いならクレジットカード払いでも受け付けるという取扱店もあるようです。
クレジットカード払いにすると金額に応じてポイントも付くし、クレジットカードで支払えるならそちらがいいですよね。
クレジットカードの審査は怖くない!基準を知り対策をすればクレカは作れます!
しかし、基本的には多くの方がローンを受けて買っています。
ローンを利用する際には、低金利の借り入れ先を選ぶのが鉄則です。低金利だと債務者は余計に負担する利息の支払いが軽減されます。多額の損をすることなく車を手に入れることができるので、少しでも金利が低い金融機関を選びましょう。
融資をしてもらったら、今度は返済計画を立てるのが一般的です。数百万円の借り入れの場合には、毎月に渡って数万円を返済していきます。数年に渡って返済を続けるので、根気強く支払いを続けましょう。返済期限を守る事により、延滞金を支払わずに済みます。支払いが遅れる延滞金が加算される恐れがあるので、この点には留意する事が重要です。

農協でもローンを利用できます。ローンの契約プランの特徴を理解するためには、数カ月程度の時間がかかることがありますが、実際にこのようなサービスを利用している人の体験談をチェックすることで、将来的な不安を解消することができます。
また、農協の窓口に相談を持ち掛けることで、何時でも安心して対処をすることができます。
人気の高いカーローンの貸付金利や返済方法については、ここ数年のうちに幅広い年代の社会人から注目が集まっています。
農協は農業関係者しか利用できないのではないかと思っている方もいらっしゃいますが、一般の方も利用可能です。
すでに農協のローンを利用している人のレビューを参考にすることによって、サービスの充実度を見極めることが重要なポイントです。

車を買う際には、事前に金銭を貯めておく事が重要となっています。そうすれば、頭金としてまとまったお金を支払う事ができ、借りる金銭を抑えることが可能です。結果として返済が楽になるので、お金の面においてストレスを溜め込まずに済みます。なので、車を買う前に貯蓄に励みましょう。

内緒で即日融資を受けたいと思うならどこが良い?

しかし、一刻も早く購入したい方には即日融資に対応したカードローンもあります。
カードローンで即日融資といえばそんなに珍しいサービスではなくなってきましたが、「内緒に」というハードルはちょっと高いものです。この内緒という言葉が「だれにも知られたくない」という希望を示すのでしたら、知られる要素をできるだけ無くしたカードローンを選択すると良いでしょう。つまり、「郵送物無し」そして「在籍確認無し」で契約できる、他人の関与をほぼ無くすことができる商品です。その希望を満たす商品は、モビットのネット完結サービスです。

ただし特有の条件がいくつかあります。まず、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の申込者当人の口座があること、社会保険証あるいは組合保険証を提示できることが絶対条件です。その上で申し込み時には源泉徴収票などの収入証明書を提出します。ネット完結サービスになるので、それらの書類はデータでアップロードしなくてはいけません。

そうしてつつがなく審査が完了すれば、先のどちらかの銀行口座に契約したお金が振り込まれるという形になります。銀行口座ですので即日融資を希望するなら、平日の14:50までには契約完了が必要です。現金で直接受け取ることはできません。

このように少し条件は複雑ですが、やりとりするのは自分だけで契約機や店舗へ行く必要も無く、実際の手間はそれほどかかるものでもありません。郵送物のない契約は他の商品でも可能ですが、さらに職場への連絡もしないというのはモビットのこのサービスしか存在していませんので、とことん知られたくないというのなら検討してみてはいかがでしょうか。

2017年8月1日
から rankup
お金を借りるための必要書類は予め調べておこう! はコメントを受け付けていません。

お金を借りるための必要書類は予め調べておこう!

お金が必要になった時にキャッシングやカードローンを利用することができますが、融資を受けるためには必要な書類があります。
急いでお金を借りたい時に必要な書類が揃わないとお金借りることができないので、予めどんな書類が必要なのか知っておくといいでしょう。

お金を借りる時に必ず必要になるのが本人確認書類です。
どこの誰かわからない人にお金なんて貸せませんからね。
本人確認ができる書類は運転免許証、健康保険証、パスポートでこのうちの1点用意してください。
このような身分証明書がない場合には、住民基本台帳カード、印鑑証明書、各種公的照明書などで代用することも可能です。

本人確認書類があってもその住所と現住所が違っていると不備になってしまうので、本人確認書類の他に次のような書類が1つ必要になります。
※公共料金の領収書・請求書
※住民票の写し・住民税の記載事項証明書
※納税証明書
※社会保険料の領収書・請求書
※国税の領収書・請求書

また、借りるお金の金額によって必要書類が違ってきます。
借入希望額が50万円未満の場合には上記のような書類で問題ないのですが、借入希望額が50万円以上や他社との借入合計が100万円以上になる場合には、本人確認書類の他に収入証明書が必要になります。
これは総量規制によって貸金業者からお金を借りる際には年収の3分の1までしかお金を借りることができないためです。
収入証明書にはいくつか種類があり、源泉徴収票、給与明細書、確定申告書、所得証明書、課税証明書になります。
給与明細書の場合には直近1か月分のものが必要で、給与明細に住民税の記載がないものは直近2か月および賞与明細書が必要になります。

必要書類の提出は融資の申し込み方法によって異なります。
融資の申し込み方法には店頭、自動契約機、インターネットがあり、インターネットの場合にはスマホで本人確認書類を写真に撮って指定されたメールアドレスに添付して送ります。
近年ではhttp://www.s-ntc.com/にあるように、インターネットから融資の申し込みをする人が多く、本人確認書類もすぐに送ることができるので、即日融資も可能になっています。

銀行や消費者金融でお金を借りる人が多いですが、中には家族や友達から借りる人もいるでしょう。
友達や家族からお金を借りてトラブルになったという人が大勢います。
そんなトラブルにならないように、誰から、いつ、いくら借りたのか、月々の返済額、本人の署名・捺印をした借用書を作成しておくといいでしょう。

2016年11月20日
から rankup
破産の通知書で注意することは はコメントを受け付けていません。

破産の通知書で注意することは

破産の通知書で注意することはいくつかあります。
まず、「受任通知」という通知書を全債権者へ発送します。
受任通知で知らせる内容は、法人や個人事業主が破産手続きに入ったこと、連絡先を法律事務所とすること、依頼者本人への直接の連絡は不可とすることなどを明記します。
この通知の前にやるべきことがあり、準備をしておく必要があります。
それが、債権者のリスト作成です。受任通知の際、各債権者へ債権額がどのくらいかを回答してもらえるように協力を依頼します。
受任通知発送と併せて、従業員の解雇の手続きを行う必要があります。
「解雇通知書」を発行してもらうことになります。
この受任通知発送後、事務所などの不動産の明け渡し、リース物件などの返却などを行って、債権調査がある程度進んだら、破産申立書を完成させ、裁判所へ提出することになります。
破産手続きにはいろんな段階があって、途中では必ず、通知書作成をして発送するという作業があります。
それと同時に大切なことは、法人の代表者などの場合、免責という債務の支払い義務の免除をしてもらう判断が行われるということです。
このように、自分から手続きをきちんと段階を経て進めていかないと破産処理が終わりません。

2016年11月20日
から rankup
自己破産の場合の車の対処について はコメントを受け付けていません。

自己破産の場合の車の対処について

自己破産を実行することで考えていたより非常に大きな支障が生じてくるのがマイカーの対処になります。
自己破産を想定している方のなかにはマイカーがなければお仕事が成立しないという方もかなりいると考えられます。 まず第一に自己破産するケースでの自動車の扱いは、残っているローンの残債の事情によって非常に大きく異なることになりますので注意は必要になります。
ローンを依然として、支払いしておられる状態になっているときは、もちろんローン会社によって回収されてしまいますので、お手元にマイカーが残存することなどありません。
次にですが、もうすでに、ローンが終了しているケースについてですが、こうした場合には、その自動車の存在価値によって、取り扱いが違ってきますので留意する必要があります。
自己破産を実行する場合には20万円よりも大きい財産がある物に関しては、現金に換えて債権者へ配分することになっておりますので、自動車の存在価値が20万円より高額であれば自明のことですが処分されると言えます。
自動車の価値の情報収集をする方法につきましては、中古車の買取店あるいはディーラーで見積もってもらい査定証を出してもらうようにします。

2016年11月20日
から rankup
返済不能個人再生のとき教育ローンはどうなるの はコメントを受け付けていません。

返済不能個人再生のとき教育ローンはどうなるの

進学するときに利用する教育ローンですが、個人再生など債務整理をおこなっている時に利用することができるのでしょうか。
借金が膨らみ返済ができなくなった場合に、債務整理という方法をとることができます。
返済額のすべてをゼロにしてしまう方法もあれば、大きく減額された分を計画的に返済していく方法など幾つかの選択肢があります。
返済がすべてゼロになる方が良いと思われる方が多いと思いますが、これは自己破産といって自分の保有財産の大部分を手放すことになります。
保有財産を残したままで返済をおこなう方法を個人再生といいます。
裁判所に申請し認可されると返済額が5分の1の減額となり、原則3年の分割で返済していきます。
個人再生をした場合、あらたに教育ローンが利用できるかという点については、個人再生をした記録が個人信用情報の履歴に残っている間は利用することはできません。
この間に進学等で資金が必要な場合には、自己資金で賄うか奨学金を利用する方法があります。
教育ローンは通らないのに奨学金は可能なのかとなりますが、奨学金は進学する方に融資をするという事になりますので、個人再生を含む他の債務整理を行った場合でも問題なく通るケースが一般的です。

2016年11月20日
から rankup
債務整理は学生でも利用可能か はコメントを受け付けていません。

債務整理は学生でも利用可能か

債務整理をすることで借金がある程度片付くので、カードローンなどの支払いが上手くできていない人は利用した方がよいのだろうかと悩む事もあるでしょう。
学生であってもバイトを頑張っていてキャッシングを利用している場合もありますし、クレジットカードを作って持っているという人もいないわけではありません。
普段はお金のやりくりをきちんとしていても、学生ならではの付き合いもありますので、時には借入をする事もあるでしょう。
返済ができるうちはいいのですが、支払いに困ってしまった時にはやはり債務整理の道しかないのかと悩むことになります。
基本的に学生の場合は借入金額自体が契約の時点で小さい事が多いです。
そのため、利用する債務整理は任意整理になることが殆どなので、利息をカットして後は元本を返済していくことになります。
若いうちから借金に頼るのは良くありませんし、何より学生の本分は勉強をすることです。
返済ができずに困るような使い方をしないのが原則ですが、もしも何かあったときには親にもきちんと相談をしましょう。
債務整理があるからお金のことは気にしなくてもいいという考えは改めて下さい。
その上で借金をどのように返すのかを良く考えましょう。

2016年11月20日
から rankup
個人再生を行うと、保証人の債務はどうなる? はコメントを受け付けていません。

個人再生を行うと、保証人の債務はどうなる?

個人再生を行うと、裁判所の手続きを経て借金の減額をおこなうことができます。
例えば500万円の借金について個人再生を行うと、400万円の減額が行われて残りの100万円を分割で返済していく、といったような形で解決が図られることがあります。
問題は借金に保証人がついている場合に保証人の債務がどのような扱いになるかです。
借金をした人(主債務者:しゅさいむしゃといいます)が個人再生を行うと、債権者側から見ると貸したお金の一部が帰ってこないことになります。
上の例では本来500万円あるお金が100万円しか帰ってこないことになるわけですから、債権者側としては残りの400万円をなんとか回収したいと考えますよね。
借金に保証人がついている場合にはこの400万円は保証人に対しても請求が行われることになります。
保証人はもともとあった借金の全額から、主債務者(個人再生を行った人)がすでに返済を行った部分を引いた金額を返済する義務があることになります。
もちろん、主債務者が100万円以上の金額を支払った場合にはもともとあった借金の金額から返済した合計額を引いた範囲内で飲み保証債務が生じることになります。
例えば120万円を主債務者が支払った場合には、500万円から120万円を引いた380万円の支払い義務が残ることになります。

2016年11月18日
から rankup
任意整理を利用するメリット はコメントを受け付けていません。

任意整理を利用するメリット

債務整理の中の1つである任意整理には、他の借金整理とは異なり裁判所を利用しないといった特徴があります。
法的手続きが少なくなる事で手続きが比較的簡単となっている事で多くの方が利用しています。
また、任意整理は弁護士や司法書士の方に依頼する事となる事から仕事等で時間がない方でも書類作成から手続きまでの全てを任せる事も可能です。
任意整理を利用するメリットの1つとして、様々な面でフォローをしてもらう事が出来るといった点が挙げられます。
手続きや交渉を行う前にある面談では、担当者の方から生活レベルに合わせた無理のない返済方法の相談に乗ってもらう事が出来たり、手続き終了後も気軽に相談をする事が出来る環境が整えられている事務所が多くなっています。
もちろん、面談で借金総額をどの程度減額する事が出来るか計算してもらう事も出来ます。
また、最も重要になる金融会社との交渉も代理人として担当者が行っています。
金融会社との交渉に慣れている事や法律の知識がある事でスムーズに交渉を進めてもらえます。
利用者の希望だけではなく、金融会社の希望にも合わせた両者が納得する事の出来る返済総額と返済方法を見付けてもらえる事にメリットに感じている方も多くいます。

2016年11月18日
から rankup
破産が廃止されることはないです はコメントを受け付けていません。

破産が廃止されることはないです

破産という制度は意外と重要であり、これからも廃止されることはないです。
具体的にいいますと失敗した人の免責行為であるからです。
廃止をしてしまうと一生をかけても負うことができない債務を永久に負うことになってしまうからです。
それでは自暴自棄になってしまう人がいます。
ですから、破産という制度はどうしても廃止ができないわけです。
それに手仕舞いにする、というのは効率性からもとても重要になります。
つまりは、債務者としても支払いの余地がないような債権をずっと持っていても仕方ない、と言う事情があります。
ですから、破産をキチンとしてもらって、すべてを終えてもらった方がよい時もあるわけです。
ちなみにそうしたことができない場合もあります。
あまりにも多く貸し付けている場合、破産しないで欲しい、ということを依頼される場合があります。
極めて例外的なことではありますが、数百億単位の借金であったりしますとそうしたことがあります。
バブルの時などに羽振りがよかった人が銀行などから借りまくって、そうした状況になっていることがあります。
極めて、例外的なことではありますが、そうした状況の人もいるのは知っておくとよいでしょう。一つの雑学です。

2016年11月18日
から rankup
債務整理の意味を解説します。 はコメントを受け付けていません。

債務整理の意味を解説します。

借金が多すぎて返済が追いつかないという人は多いです。
しかし、債務整理を利用する事で借金を減額させる事が可能となるのです。
ちなみに一度でも債務整理を利用すると、顧客情報が信用情報機関に登録される事になります。
一般的にブラックリストと呼ばれているものですね。
正式名称は事故情報という言葉になります。
債務整理の意味を知らないという方は少なくありません。
債務整理には過払い金返還請求、任意整理、自己破産、個人再生の4つの種類があります。
聞いた事のある言葉もあるのではないでしょうか。
それぞれに意味が異なりますので、解説していきます。
過払い金返還請求では個人の代わりに弁護士や司法書士が債権者と交渉します。
個人が交渉するわけではないので、周囲の人に知られる事がありません。
次は任意整理です。
任意整理も同じく、司法書士や弁護士が債務者と交渉する事になります。
任意整理では将来利息はカットされる事になります。
自己破産は認められると、借金が全額免除されます。
ただし、滞納分などの支払いは残ります。
最後は個人再生です。
個人再生では借金が減額されます。
また、資産を手放さなくても済みます。
債務整理の意味を解説しました。
それぞれ役割が違うので、適切なものを選ぶのは難しいです。
利用する際は弁護士などに相談される事をお勧めします。